宿題って何のためにするものなんだ?

宿題って何のためにするものなんだ?

こんにちは、ボビーです。

いま主夫として二人の息子を育てています。

次男はまだ修学前ですが、長男は小学校の1年生です。

そのため、ゴールドコーストで週末に文部科学省により実施されている、

日本学校にも通っています。

オーストラリアの現地校ではほとんど宿題はありません。

驚かれるかもしれませんが、約2ヶ月に及ぶ夏休みでさえ、

宿題はありません。

その一方で日本学校は、毎週宿題があります。

それも1週間分です。

土曜日に学校があるので、木曜日や金曜日は大変です。

息子は泣きながら宿題をしています。

完璧ではなくても、大体はやらせるようにしています。

いつも自分が小学校の時を考えてしまいます。

私は一人っ子だったんですが、小学校の頃に親に宿題をやれと言われたことは、

一度もありません。

というか、生涯で宿題をやれと言われたことは、一度もありません。

本当に一度もありません。

両親が宿題を確認したことも一度もありません。

実際に、小学校の頃に、家で宿題をやったことは一度もありません。

宿題の存在も不確かです。

但し、夏休みや冬休みのような宿題はやりました。

回答が写せるようなものは全部写してやってました。

中学校の頃も宿題を家でやった記憶はありません。


たまに思うのは、もし小学校や中学校の頃に宿題を全てやっていたら、

違う人生になっていただろうな

と思うことがあります。


でも、宿題をしたことがない、宿題をしろと言われたことがないことが、

今の自分の人生や人格を形成していると思います。

そして、親には感謝しています。


だからなのかもしれませんが、泣いている長男に、

「宿題やれよ」

と言うのが果たして正解なのかどうかは、いつも疑問に思うところです。


学校の勉強なんかは、どうでもいいとは思っているのですが、

勉強できないとどんどん授業がつまらなくなっていくことを心配しています。

特に日本語学校は1週間に1回3時間程度しかありません。

宿題で義務教育のカリキュラムをこなしていく必要があります。


その意味で宿題は大切です。


でも、宿題は何のためにするものなんでしょうか?

恐らく、本人の勉強のためでしょう。

でも、本人が全く勉強する気がない場合は?

やらなくてもいいんでしょうか?

わたしはやらなくてもいいと思ってます。

でも授業についていくためには、やらせたいと思っています。

a7e6e3d09504665f68870e058919810c_400.jpg

勉強って、

親を満足させるためにやるものではないとは思います。

でも、親を満足させるためにやるものなのかもしれません。


考えさせられます。


その一方で、全く宿題のないオーストラリアは、

宿題について考える概念さえ親や子供に与えないのは、

流石です。🐂

宿題がないことがオーストラリアの国民性を如実に表しています。


ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



この記事へのコメント