【コロナで失業生活】中国政府が国民にオーストラリア渡航自粛を勧告

【コロナで失業生活】中国政府が国民にオーストラリア渡航自粛を勧告

こんにちは、ボビーです。

自宅待機は76日目です。

今日はこんなニュースが、

中国政府が国民にオーストラリア渡航自粛を勧告

以下、日豪プレスから引用

6月6日付ABC放送(電子版)は、

「中国政府が国民にオーストラリア国内ではコロナウイルス人種差別が広まっており、

オーストラリアには行かないよう」呼びかけていると報道している。

ただし、オーストラリアは海外からの渡航者に国境を閉ざしているため、

中国国民はオーストラリアに行きたくても行けない状態になっている。

 中国政府のこの勧告に対して、オーストラリア政府は、
「国内で中国人に対する人種差別が増えていることはない」と否定している。

 中国政府の国民向け勧告は、
中華人民共和国の国務院文化和旅游部から出されており、
「オーストラリア国内では中国人やアジア人に対する暴力行為がめざましく増えている」と述べている。

と言うことで、オーストラリアに行くと中国人やアジア人対する暴力行為が行われるので、

中国人はオーストラリアに行かないように、

と中国政府が注意勧告した
というニュースです。

11VkeyA-35L._AC_.jpg

しかしながら、私の周辺ではアジア人に対する暴力行為は行われていません。

私も普通に買い物に行きますが、残念ながら私に注目するオージーは一人もいません。

涙、私にはアジア人的な魅力ないのかな??

阿部寛並みに彫りが深いイケメンだからかな??

誰も私に暴言を吐いたり、叩いてきません。

シドニーとかメルボルンに行ったら、ツバ吐きかけられて、卵をぶつけてもらえるのかな?

少なくともゴールドコーストでは誰も、私には関心を示してくれません。

でも、このニュースはこのまま継続すれば、オーストラリアにとって大変な経済のダメージでしょうね。

もし、私が中国人ならば、政府がオーストラリアに行くなといえば、行きません。

政府には逆らいませんよね。

日本人でも、日本の政府がオーストラリアに行くと暴力を振るわれるから行くな、

といえば、大半の人は行かないですよね。

さてさて、これからどうなるか?

オーストラリアがこのままアメリカの犬状態で、中国に逆らい続けるのか?

それとも、国内の留学、観光業界からの圧力に負けて、中国に譲歩するのか?

さあ、どうなるのでしょうか?

その答えはいつのタイミングで中国との国境開放をするのかに、関わってくるでしょうね。

政治家がどっちの圧力に屈するのか、見届けていきましょう。

私は、ゴールドコーストという観光地に住んでいますので、

中華人民共和国の人々とはすぐにでも仲良くなって、

地元にお金を落として頂きたいと思っています。

ニイハオ!!

ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



この記事へのコメント