【コロナ失業者のグルメ 江西米粉】1袋172円(税込)2食分の江西米粉を買って食べてみた

【コロナ失業者のグルメ 江西米粉】1袋172円(税込)2食分の江西米粉を買って食べてみた

こんにちは、ボビーです。

コロナによるウーバー自主廃業から171日目になりました。

そんなに労働をしていないと、どうしてもお金がありません。

お金がないと、タレや調味料入りの高級な麺類が食べられなくなります。

例えば、こんな感じの麺です。

以前のブログでの紹介
【老媽拌麺】世界のインスタントヌードルで7位に輝いた台湾の汁なし担々麺



P_20200827_132032_vHDR_Auto.jpg

これは4食入りで、13ドル(975円税込)です。

私は1回で2食を食べますので、487円になります。

高い。

中国皇帝が食べるような豪華な食事です。

こんな豪華な食事を毎回していたら、すぐに自己破産してしまいます。

でも、美味しい麺が食べたい。

ということで、中華系スーパーを不審者のごとく食材を物色していると見つけました。

P_20200907_131350_vHDR_Auto_1.jpg

江西米粉

中国の江西省の特産品の米粉です。

今話題の武漢から南西に位置する場所で、長江流域の米どころですね。

安心してください、食べても武漢ウィルスには感染しませんよ。

これはなんと1袋で2.3ドル(172円税込)です。

内容量も多いので、1食で半分食べるとすると、

1食で、86円です。

安い!!

このくらい安いと中華人民共和国の人民が食べる食事って感じになりますね。

作り方は簡単です。

まずは茹でます。

9分くらいかな、茹でて流水で洗います。

できた。

2020-09-07-13-34-23-640.jpg

すごく、硬い食感です。

実際、これを食べた次の日には顎から頭まで、筋肉痛になりました。

スルメを食べた時のようです。

今回は数日前につけ麺用に作っていたタレが、冷蔵庫に置いてありましたので、再利用しましょう。

材料(2名用)は
豚ひき肉100g
長ねぎ1本
水2カップ
めんつゆ(3倍濃縮)1カップ
★すし酢大さじ1
★ゴマ油大さじ1

をいい感じに調理って具合です。

そのタレに、プランターから無限増殖中のネギとゴマをぶちこみます。

P_20200907_132840_vHDR_Auto.jpg

そして、生ニンニク。必須。

P_20200907_132843_vHDR_Auto.jpg

味変用に、老干媽と花椒油を用意して、麻辣を完全にカバーします。

P_20200907_132921_vHDR_Auto.jpg

実は上記のようなつけ麺用のタレがなくても、この老干媽と花椒油だけでも、

中華人民共和国テイストを完全再現できます。

できました。

2020-09-07-13-35-20-309.jpg

旨そう!!

まぜまぜしていただきます。

うん、うまい!!

冷たくて、美味しい。

歯応えが凄いです。

盛岡冷麺の10倍硬いって感じです。

でも、美味しい。

後日残った、江西米粉を老干媽と花椒油と生ニンニクだけで頂きました。

それも、本場味で美味しかったです。

残念ながら日本では簡単に通販では買えないようです。

これが一番近いかな、タレや具材入りだけど。



っていうか、これ高いな。

1袋で862円もするのか。

実は私は、この螺覇王螺蛳粉も好きで色んな種類を買って、食べたことがあります。

オーストラリアだと1袋だいたい5.5ドル(412円税込)って感じです。

螺蛳粉ってタニシ味なんですよね。

って、タニシ味は伝わらないか。

また面白い食材ありましたら、買ってご紹介したいと思います。

今回も江西米粉を買う時にはレジでおねえさんにはっきりと、

謝謝

って言われました。

ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク



この記事へのコメント

ボビー
2020年09月11日 19:32
コメント機能は復活しました‼️
お気軽にコメントしてみてくださいね。