冬休みの旅 ゴールドコーストからコフスハーバーまで 

冬休みの旅 ゴールドコーストからコフスハーバーまで 

こんにちは、ボビーです。

ということで冬休みにおばあちゃんのいる
ニューカッスルに行くことになりました。

日頃ウーバーでつかっている日産エクストレイルで向かいます。
後部座席は全てキャンプ用品で満載です。

ニューカッスルまでは700km以上あります。
1日では無理と判断しました。

まずは、友人の日本人が住んでいるコフスハーバーを目指します。
スクリーンショット 2018-07-20 19.04.38.png

317Kmでだいたい4時間と表示されています。
が、こちらは3歳児と7歳児連れです。
相当の遅れが予想されます。

コフスハーバーの友達はとても料理が上手なので、
もちろん事前に到着をしらせておきます。
仕込みがひつようです。

私は日本からの泡盛とキリンビール1箱で参戦します。

途中のハングリージャックスで休憩です。
子供の要求を100%のみます。
子供はハッピーセットです。
P_20180704_123731_vHDR_Auto.jpg
クソかわいいなこいつら。
でも、こんなのばっかり食ってたら、
すぐにその辺のデカイのになってしまうでしょう。
そんなこと知ったことではないけど、あまり食べさせないようにはしてます。

そんなこんなで、コフスハーバーに到着。

友人の家に到着。

庭にテントを張ろうとも思っていましたが、
やはり真冬ですので、空いている部屋を貸してもらいました。
寝袋の準備は完璧です。

夕食はエルサルバドル料理でした。
って、エルサルバドル料理ってなに?
メキシコ料理と南米料理の間のようでした。
って、エルサルバドルの国の位置じゃねえ。
スクリーンショット 2018-07-20 19.19.01.png
ここね。

なんでも友人のエルサルバドル人に教えてもらったらしいです。

というかエルサルバドル文字数って長くないですか?

友人のエルサルバドル人が作った、
エルサルバドル料理が美味しかったので、
日本人の友人が訪ねて来たときに、
エルサルバドル人仕込みの、
本場のエルサルバドル料理を作ってみた。

のが、これです。
P_20180704_181303_vHDR_Auto.jpg
モザイクないのがわたしです。
2人とも同一人物ではありません。

その後はビールと泡盛で夜中まで飲みました。

エルサルバドル料理ごちそうさまでした。

つづく

ブログのランキングというやつをやっています。
よかったらクリックして下さい。
クリックが投票の代わりになります。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ シンプルライフへ
にほんブログ村

スポンサーリンク




この記事へのコメント