オーストラリアの山火事について思うこと

オーストラリアの山火事について思うこと

こんにちは、ボビーです。

ネットニュースなどでは毎日のように、オーストラリアの山火事が報道されています。

私はゴールドコーストに住んでいますが、去年(10月くらいだったかな)はゴールドコーストでも、

世界遺産にも指定されている、山側で大規模な山火事がありました。

そのときには、街中が煙にまみれていました。

約1週間は煙たかったですね。

00_m.jpg

その後も、オーストラリア中で山火事が発生し、今も燃え続けています。

コアラをはじめとする野生動物も多数被害にあっています。

家屋も2000以上燃え、死亡者も多数出ています。

早く、この事態が終わることを、みんな願っていると思います。

私も、そう願っています。

とはいえ、あまりにも大規模な山火事が、あまりにも沢山の場所で発生しています。

ということは、雨が降るか、燃え終わるしかないのでしょう。

そして、それがオーストラリアの自然だということなんでしょう。

この10年、この50年、この100年ではこのような山火事は珍しいのかもしれませんが、

200年、500年、1000年、1万年のような単位で考えれば、よくある山火事の1つなのかもしれません。

日本の大地震(津波)のように。

しょうがねえんだよな。

そのうちに終わるし。

そのうちにまた燃えるんだ。

この記事へのコメント