ウーバーやってみた!! | オーストラリアでウーバー生活!! > 副業解禁!!空いている時間にウーバーやってみた!!【ウーバー(Uber)ドライバー生活 42〜43日目】

2018年06月12日

副業解禁!!空いている時間にウーバーやってみた!!【ウーバー(Uber)ドライバー生活 42〜43日目】

こんにちは、ボビーです。
皆さんは副業ってやってますか?
最近の日本のニュースでよく目にするのが副業解禁です。
これまでは一般的に企業では副業を禁止していました。
ところが近年になり、副業を解禁する企業が増え始めている様です。
この傾向はこれからも続くと思います。
それでも、普通に働きながら副業をするというと、いつ働ける時間があるかが問題になります。
まあ、勤務時間外ということになるでしょう。
勤務時間外となれば、平日であれば深夜や早朝。
週末の休みの日ということになります。
何となく思い浮かぶのは、深夜に居酒屋でバイトする。
a74572775a3cd35afad88ee2346279b8_s.jpg
早朝に新聞配達を行う。
062c01c412ce00ef41307de7679ad9d3_s.jpg
週末に何かのアルバイトを行う。(コンビニとか)
IS107113644_TP_V4.jpg
または、在宅でPCワークするなどでしょうか?

どちらにしても、空いている時間を有効利用して働くというのが副業の定義だと思います。
それでも、バイトなどではシフト勤務となります。
どうしても体調が悪くなったり、30分だけ勤務するなどは不可能です。
でも、それが可能なのがウーバーですね。
車に乗ればすぐに勤務開始です。
気が向いた時に、30分だけ勤務することもできます。
またはガッツリと12時間勤務することも出来ます。
まさに自由自在です。

オーストラリアでもよくお客さんに、
「Are you full time Uber driver ?」
と聞かれます。
これは、ウーバーだけで働いていますか?
という様な趣旨です。
はい、と答えれば収入源はウーバーだけになります。
いいえ、であれば、例えば、
「平日はオフィスで働いています。」
「平日は学生してます。」
「普通は主婦(主夫)です。」これは私の回答。
になります。
恐らくですが、ゴールドコーストだと副業でウーバーしている人が半分以上ではないでしょうか?
ウーバーメインで働いている人は、高齢者、移民(英語力あまりいらない)、一匹狼が好き、元タクシードライバーなどが多いと思われます。
ウーバーをするにはタクシー免許の取得や、ウーバーが指定する車両の取得、などのハードルはあります。
それを超えてウーバードライバーになれば非常に時間を有効利用できる副業だと思います。

それでも、日本でウーバー的な仕事が解禁されることはすぐにはないと思います。
でも、いずれ世界の動きを見れば何かしらのアクションはあると思います。
でも、日本はそのような新しいシステムを導入するのが遅いですからね。
非常に、既存の利権と政治が癒着してますからね。
いずれが何年後になるかは不明ですね。
将来、日本の学生や主婦が、ウーバードライバーになれる日が来るといいですね。

ウーバーは空いている時間の火曜日(6月5日)の深夜2時半くらいからのスタートです。
前日は21時ごろには寝てましたから、自然に起きた時間から乗り始めます。
スクリーンショット 2018-06-12 12.55.56.png
比較的に中距離の依頼をこなしまして、4時の締め時間までで59ドルです。時給で39ドルくらいです。良い出だしです。

システム上は日付が変わって4時からは水曜日(6月6日)スタートです。
火曜日の最後の配送が飛行場だったので、飛行場周辺でウーバーします。
スクリーンショット 2018-06-12 13.01.43.png
あまり長い距離が引けませんでした、19ドルです。時給でも10ドルくらいでしょうか?
6時半には家に帰らなければいけない縛りがありますので、帰宅します。

この日は合計で79ドルくらいです。早朝のジョギングと思えばとてもイイですね。
私の主業は主夫で、副業がウーバーですから。
またコツコツやります。

ぽちっとしてもらえると励みになります
にほんブログ村 海外生活ブログ ゴールドコースト情報へ
にほんブログ村

ドライバーランキング


posted by ボビー at 12:06| ブリスベン | Comment(0) | ウーバードライバー生活(売上) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください