オーストラリアでウーバーを始めるために必要な車の条件とは? わたしの日産エクストレイルについて

こんにちはボビーです。

ついにウーバーの運転許可がおりました!!!!
今日は実は私の誕生日だったので、
昼から酒を飲んでいたのではじめませんでした。
明日から徐々に開始していきたいと思っております。

2016-Nissan-XTRail.jpg

それでは私の愛車のエクストレイルですが、
一体おいくら万円だったのでしょうか?

主なデータはごらんの通りです。
年式2016年
オートマ
走行距離33000KM
7シート

です。

これでWeb検索でオーストラリア全体で一番安い値段でした。
日本で同様の条件で検索してみると
日産 エクストレイル2.0 20X エマージェンシーブレーキパッケージ 2列車 4WD  (ブリリアントホワイトパール(3P))
車両本体価格
179.9万円
となります。
恐らく全部込みでは199.9万円といったところで乗れるようになる感じでです。
豪ドルにしますと、大体で$24,124と言ったところです。

私は$20990で購入しました。
今改めて実感しましたが、安い!!!

オーストラリアというのは物価が高いのですが、
その中でも日本人からすると中古車というのは非常に高く感じます。

というか日本は中古車安すぎます。
特に6万キロとかを超えてくると極端に安いです。
こちらでは10万キロ未満ではまだまだ子供扱いですね。
個人的には、オーストラリアでは新車で買うのが安く感じます。

なぜこんなに安いかというと、
実はフロント部分が事故に会い修理歴があったかので1割ほど安くなったいました。
さらにその車屋は安さを重視していて、
ブリスベン奥の僻地にあるので更に安いと感じました。

でも、見た目も完璧だったのですが、ウーバーでの車両点検で、
車体からギシギシ音がするので、
日産の保証中だから日産のディーラーのところに行って直してもらえと言われました。

確かに、走行中にギシギシ音が聞こえていたのです。
「あーまた安物買いの銭失いか。。。。」
「どうせ直せないんだろうなあ。。。」
「直せるにしてもすごい金額になりそうだ。。。」
と思い、日産に行くと、すぐに原因の部品が見つかりました。
但し、その損傷はやはり事故によるものだったので日産の保証外ということでした。
修理の値段は650ドルでした。

本当に良かった。その位で。
で、直してもらった結果、完璧になりました!!!

修理の値段を足しても21650ドル!!
まだまだオーストラリアの感じでは非常に安い!!

よし、それでは明日からウーバーライフはじめますよ!!!

頑張るぞ!!

この記事へのコメント