オーストラリアでウーバーを始めるためにひつようなビザは何か?

こんにちはボビーです。

相変わらず、専業主夫でございます。

本日は、息子2人を歯医者に連れていきました。
こちらの歯医者では未成年の検診は無料なので、下の子(2歳)が虫歯っぽいので、
ついでに6歳の子も連れて行って見てもらいました。
6歳の子は虫歯もなく、問題はありませんでした。

しかし、メインの2歳の子は検診の時に暴れて、
検診をしてもらうことができませんでした。
やれやれです。


はい、それではウーバーをやるための条件を記載していきたいと思います。
これは私が住んでいるオーストラリアのクィーンズランド州の条件ということになります。
恐らくは、オーストラリア全体でもそれほど違いはないと思いますが、
他の国では条件は、大幅に変わってくると思われます。
詳細は各国のウーバーのページをみてください、

UBER_(1).jpg
まず、条件としては大きく2つ分かれます。
運転するドライバーの条件
運転する車両についての条件
です。

まずは、①の運転するドライバーの条件を書いていきたいと思います。
が、その前にこのブログを見てくれる人の中には、日本に滞在をしていて、
これから将来オーストラリアでウーバードライバーをやってみたい方も多いと思います。
そのため、まずはオーストラリアでウーバードライバーができる人の条件を記載したいと思います。

就労可能なビザがある
観光でやってきて、その観光している間の時期だけウーバーのドライバーはできるのでしょうか?
答えはもちろんできません。
観光客であるために、ビザの種類としては観光ビザになります。
大まかに言って働ける主なビザは次の通りです。
1永住ビザ
これはオーストラリアに永住できるビザです。オーストラリア人とほとんど変わらない権限をもちます。
2ビジネスビザ
これはオーストラリアにある会社にスポンサーになってもらい、ビザを発行してもらいます。
そのスポンサーになっている会社で働く義務があります。スポンサーが終われば、働けませんし、オーストラリアに住むこともできません。
3学生ビザ
オーストラリアにある学校に通うためのビザです。大学、専門学校、英語学校などがあります。
週20時間までの就労が認められております。
4ワーキングホリデービザ
一般的にワーホリと呼ばれるものです。年齢などの諸条件をクリアすれば申し込むことができ、原則1年間の滞在と就労が認められます。ファームなどで就労を行うとセカンドビザというさらに1年追加で滞在と就労をすることが認められる場合もあります。

この4つのなかでウーバードライバーが出来ないものはどれでしょうか?

私の考えではどのビザでも可能ですが、難しいのはワーキングホリデービザだと思います。
それは、明日以降で記載する運転するドライバーの条件のなかで、
タクシー運転免許資格を取得しなければいけないのですが、その条件のなかに、
オーストラリアの免許を取得して、1年間以上の運転歴がある
という項目があるためです。

一般的に1年という滞在期間であるワーホリビザですから、入国してすぐにオーストラリア免許を取得(書き換え)した
としても、様々な諸経費などを考えたりすると現実的ではありません。
尚、ウーバーイーツの配送人の場合には、タクシー運転免許の必要はありませんし、
自転車でもできますので、ワーホリ方でも問題なくできます。



この記事へのコメント