生活に必要な分だけウーバーで獲物を狩る【ウーバー生活 111日目】

生活に必要な分だけウーバーで獲物を狩る【ウーバー生活 111日目】

こんにちは、ボビーです。

わたしの祖先は漁師であり、狩人でした。

MIYA_hosyokuDSC_7006_TP_V.jpg

彼らはその日の生活に必要な分の獲物を採って生きていました。

それはもちろん、冷蔵庫などの保存設備がないため。
そして、貨幣による富の保存ができないためでした。

今はわたしの周りには漁師や狩人はいません。

知り合いで農家は何人かいますが、彼らも自分の食べる分だけではなく、
米や野菜を売って、そのお金で生活しています。

まあね。
それが現在の資本主義経済の当たり前の暮らしですからね。

あー、もう私が生きているうちにはそういう社会システムの
革命は恐らく行われないのでしょう。

期待できるとすればAIでの生活と仕事のシステムの革命くらいなのかな。

まあ、それはいいとして。

理想としては、わたしは働きたくないのです。

では、どうしよう?

1日1万円くらい働けば十分な気がします。

1万円は125ドル。

時給10ドルなら12時間くらい。
時給20ドルなら6時間くらい。
時給30ドルなら4時間くらい。
時給40ドルなら3時間くらい。

これだとウーバーだと5時間くらいが平均でしょうか。

働きすぎだな。

1日5000円でもいいや。

これならば2時間半でいいです。

こんなんで満足しよう。
このくらいが昔の漁師や狩人ってことなんだろう。

労働時間を増やして、お金を増やすよりも、
必要最低限しか獲物を取らずに生きる。

今のところ外には獲物は無数にいるんだから。






ウーバーは9月13日(木)
朝自然に目が覚めて、お茶飲んでゆっくりしてから、
いざ狩りに出陣!!

5時から8時まで狩りをしました。

獲物は7匹。
そのうちの3匹は中型の獲物です。

これだけの獲物が獲れれば今日1日一家4人が暮らすには十分な量です。

収支は、

スクリーンショット 2018-09-14 5.53.37.png

103ドル(8,295円)
時給は、2,765円でした。

十分だ。

今週は金額が少なくても毎日狩りに出れてます。

その生活が好きです。

好きな生活してれば、幸せだ。

幸せならば、人生よし。

それでいい。









この記事へのコメント